MENU

ショタとツインテールビッチが言葉責めするしろいろのエロマンガ

この記事はショタとツインテールビッチが言葉責めするしろいろのエロマンガについてご紹介します。

このアプリはヒロイン×パイズリものになっています。

"
タイトルショタとツインテールビッチが言葉責めするしろいろのエロマンガ
品番d_221790
タグ分量,めちゃくちゃ,ススメ,ヒロイン,純愛,過去,同様,展開,実用,申し分,ラノベ,長編,取り組み,挑戦,自体,評価,デメリット,顕在,文章,ページ,文字,文学,重視,ユーザー,需要,疑問符,枚数,アプリ,苦労,レビュー,時点,逆転,ジャンル,指定,純粋,意味,終盤,要素,説明,留意,作者,爆乳,兄妹,購入,おすすめ,上記,絶対,退行,生活,初期,注意,ストーリー,物語,ハーレム,プレイ,どころ,綺麗,おっぱい,個人,マットプレイ,ショタ,マット,次回,中心,作品,みたい,山内,高治,友達,一切,体育,倉庫,弁当,かわいそう,大好き,趣味,同人,即売,参加,資金,バイト,帰り道,車両,クラスメイト,女子,成績,優秀,容姿,端麗,カリスマ,抜群,男女,教員,委員,次期,生徒,会長,候補,みんな,対極,あちら,挨拶,ファミレス,意気投合,見瀬,圧倒的,理不尽,世界,足元,葛藤,アニメ,イラスト,現実,サークル,内気,孤独,主人公,文字数,内容,パイズリ,フェラ,乳首,集団,セックス,おまけ,基本,シーン,会話,テキスト,差分,最多,収録,台詞,ファイル,用意,容量,ダウンロード,専用,楽しみ,藤宮,イラスト・CG集,ラブラブ・あまあま,成人向け,男性向け,着衣,色仕掛け,言葉責め,逆転無し,おっぱい,ビッチ,パイズリ,フェラ,旧作
メーカーしろいろ
発売日2022/01/24 00:00
販売数1109
お気に入り数418
レビュー数3
レビュー平均点4
★あらすじ 山内高治は友達もいない、一切目立ちもしない、体育倉庫の裏で一人寂しくお弁当を食べている、かわいそうな奴。 でも、絵を描くことは大好き。この趣味さえあれば、他の何かはもういらない。 同人誌即売会への参加に向け、資金集めで始めたバイトの帰り道。同じ車両に駆け込むクラスメイトの女子と鉢合わせる。 成績優秀、容姿端麗、カリスマ性抜群。男女問わず全教員からも慕われている、委員長にして次期生徒会会長候補。 みんなの憧れ、恋瀧雫。 つまり、高治とは対極を生きる、「あちら側」のヒト。 挨拶もそこそこに、じゃあさようなら~・・・・・・で、終わってればよかったのに! なぜか同じ駅で降り、なぜか二人きりで夜のファミレスへ、なぜか意気投合して、なぜか・・・・・・。 しかし、思い知らされるは、睦見瀬名によって叩きのめされた圧倒的理不尽な世界。 高治の足元に引かれているのは、交わることも跨ぐことも出来ない「線」 恋瀧雫と睦見瀬名の間で揺れ動く、「好き」との葛藤。 アニメ、イラスト、コスプレ。そして、生きていかなければいけない現実。 サークル・しろいろがおくる、爆乳J〇×内気な陰キャのラノベ調長編CG集! ***** 孤独に生きて来ざるを得なかった主人公と、慕われ誇られ眩く生きている爆乳ヒロイン?の物語を描いた、総枚数『1000枚』超え、文字数約『25万』字のラノベ調な長編CG集です。 ★CG集の内容・「パイズリ」「フェラ」「手コキ」「乳首責め&舐め」「集団責め」「セックス」etc・・・。 ★今作のM向け要素は90%くらいです ★立ち絵3枚、おまけ含む基本CGは29枚(Hシーン22枚)+立ち絵会話、テキスト、差分を含めた過去最多の総枚数『1478枚』を収録!(文字無し&おまけの文字無しを含めば2011枚) ★おまけCG集、台詞付きイラスト+αは別途ファイルに収録しております。 ※PDF版はご用意しておりません。ファイル容量が大きいのでダウンロードせず専用のアプリでお楽しみ頂けたらと思います。 しろいろ/藤宮やひろショタとツインテールビッチが言葉責めするしろいろのエロマンガ

【しろいろ】お○んちんがデカイ主人公と乳首/乳輪ヒロインがハーレムするアプリ

""""""""""

アプリのしろいろ、ショタとツインテールビッチが言葉責めするしろいろのエロマンガの紹介です。

このアプリは室内で主人公と着衣ヒロインがパイズリします。

純愛ものが好きな人におすすめしたい。

綺麗なヒロインのハーレム、着衣ヒロインのハーレムがエロいです。

そしてポニーテールのヒロインがたまらん。

そしてオ○ンコに主人公の竿が刺さっているシーンが最高ですね。

アヌスをヒクつかせてアへ顔をするのが良かったです。

パイズリにハマるヒロインの無表情の顔が最高なアプリなのでヒロインの純愛が好きな方は買わないと損します。

こんな人におすすめ

ヒロインの乳首/乳輪が好きな人

過去作同様の画力と展開であり、実用性としては申し分ない。 しかし、「ラノベ調長編」という新しい取り組みに挑戦していること自体は評価できるが、それゆえにデメリットも顕在化した。 そもそも、地の文章が増えればページ数も増える。中には、1枚丸ごと文字というページもあった。 しかし、「文学性」を重視するユーザーにとっては良いものであっても、「実用性」を重視するユーザーの需要に応えているかといえば疑問符が付く。 飛ばし読みしようにも枚数が多すぎて、アプリで読む際に苦労するだろう。 また、このレビューを書いている時点では、「逆転無し」のジャンル指定があるが、純粋な意味での「逆転無し」とは言いにくい展開が終盤にある。 「M向け要素は90%くらい」という説明文に偽りはないが、残りの10%が終盤にきているので、留意しておいた方がよいだろう。 オチのネタバレは書かないが、作者の過去作のうち、「爆乳甘々兄妹哀2」の展開・流れが好きな方は購入をおすすめする。 逆に、「爆乳甘々兄妹哀」(上記「2」の1作目)や「絶対に逃げられない、爆乳ママたちとばぶばぶ退行生活」という作者の初期作の展開・流れが好きな方は、注意した方がよいだろう。

分量がめちゃくちゃ多く、ねちっこく攻められたいひとにおススメ。ヒロインとは純愛もあり。

こんな人におすすめ

ヒロインの乳首/乳輪が好きな人

トップ