MENU

着衣花嫁と自分がパイズリする氷月の同人誌

この記事は着衣花嫁と自分がパイズリする氷月の同人誌についてご紹介します。

この画像は処女×中出しものになっています。

"
タイトル着衣花嫁と自分がパイズリする氷月の同人誌
品番d_158795
タグTS,ファン,シリーズ,有名,オリジナル,ファンタジー,和姦,貴族,主人公,政略,結婚,身代わり,女装,約束,場合,本人,善意,自主,あたり,希少,設定,無理やり,要素,キャラ,全員,善人,世界,好意,積極,ついで,快感,美人,淑やか,素直,夢中,ラブラブ,セックス,シチュエーション,初夜,処女,喪失,自慰,バック,フェラ,屋外,着衣,結婚式,直前,花嫁,衣裳,アブノーマル,バランス,結論,逸品,エレーヌ,ドニエ,伯爵,当主,アラン,デムラン,子爵,事業,没落,状況,上位,爵位,打診,諸手,意思,関係,以ての外,庭師,恋仲,身分,前日,魔術,自分,兄弟,液体,動悸,呼吸,身体,状態,基本,本編,文字,枚数,画像,サイズ,イラスト・CG集,男性向け,おっぱい,顔射,パイズリ,オナニー,ぶっかけ,フェラ,中出し,性転換・女体化,成人向け
メーカー氷月
発売日2019/07/28 16:00
販売数557
お気に入り数116
レビュー数1
レビュー平均点5
姉のエレーヌがドニエ伯爵家当主のアラン様と結婚することになった。 我がデムラン家は子爵の貴族だが、父の事業が上手くいって いないようでこのままでは没落してしまうという状況だった。 そんな中、上位の爵位を持つドニエ家から姉との結婚の打診があり、 父は諸手を挙げて喜んだ。いわゆる政略結婚だ。 姉がドニエ家に嫁げばデムラン家を助けようというのだ。 当然姉の意思など関係ない、断るなど以ての外だ。 しかし姉は庭師のヤンと恋仲なのを僕は知っている。 愛し合っている二人だが、身分が違うことで結婚したくても できないでいたのも知っている。 姉には愛する人がすでにいるのだ。 姉がドニエ家に行く前日、僕は森の奥にある魔術師の家に 自分を女にしてくれと頼みに行った。 僕が女になってドニエ家に嫁ぐ。 兄弟なのだから僕が女になったら姉様と良く似ている筈だ。 それ程似ていなかったとしてもアラン様とは●●頃会ったきり、 僕さえうまくやればバレないだろう。 魔術師に渡された杯に入った液体を躊躇わずに一気に飲んだ。 動悸が速まり、呼吸も乱れ身体中が熱く脈打つ。 そんな状態にしばらく耐え、動悸も治まりいつも通りに 戻った頃には僕の身体は女になっていた。 基本CG16枚+立ち絵 本編CG138枚 文字なし138枚 総枚数277枚 画像サイズ 1200×1600着衣花嫁と自分がパイズリする氷月の同人誌

【氷月】着衣処女のヴァギナがエロい画像

"""

氷月のボリュームボディの処女がフェラする画像、着衣花嫁と自分がパイズリする氷月の同人誌の紹介です。

おっぱいの処女と主人公がバックする女体化ものでした。

主人公が処女と自慰するのですがぼて腹処女のアへ顔がたまらない。

まず、この画像では、処女のショートヘアのボリュームボディとかわいい恥部、そして主人公の主人公がパイパンマンコに入ってくるところが映し出されていますね。

処女の着衣のおっぱいが最高なのはもちろんですが、フェラ時の無表情の顔がとてもエロいです。

この画像の一番の見どころは、主人公のデカちんぽを入れたがるあまり、無表情の顔をする処女なので、処女が好きで、処女がぶっかけをしている画像を探している方にオススメです。

こんな人におすすめ

処女のおっぱいが好きな人

TSファンには「リコ」シリーズで有名な氷月さんのオリジナルファンタジー系TS和姦物。 貴族の家に生まれた弟(主人公)が、政略結婚で別の貴族に嫁がされる姉の身代わりになる……というのは、TSや女装物でのある種のお約束ですが、本作の場合、弟本人が優しさと善意から自主的に(しかも親に黙って)身代わりになるというあたりが、割と希少。この設定を始め、本作には「強●」とか「無理やり」という要素がほとんどなく、出て来るキャラが全員善人な「優しい世界」なのも珍しいかも。 夫となる貴族に対しても、元々主人公は「優しくていい人だ」と淡い好意を抱いているため、姉の身代わりになって抱かれるのもさして嫌がらず、むしろバレないよう積極的(ついでに、すぐに女の快感の虜になるのもお約束)。夫側も美人で淑やかで素直な妻(=主人公)に夢中になり、ラブラブセックスを繰り返します。 シチュエーション的には、初夜(処女喪失)、自慰からのバック~フェラ&パイずり、屋外着衣H、結婚式直前に花嫁衣裳でH……とアブノーマルなものはないものの、バランスよく揃っている感じ。 結論としては、和姦系TS好きならぜひ買って欲しい逸品、ですね。

こんな人におすすめ

処女のおっぱいが好きな人

トップ